ニキビとは

ニキビができる原因

ストレス

大人ニキビはストレス(特に精神的ストレス)と深い関係があります。
過剰なストレスを受け続けると、脳は緊張状態となりストレスに対抗するため脳下垂体から副腎皮質ホルモンを放出します。

この時、一緒に男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)も分泌されるため、特に女性はホルモンバランスが崩れてしまいます。
男性ホルモンが増加すると、それを分解する力により皮脂腺が刺激され、皮脂の分泌量が増加します。
また男性ホルモンは角質を厚くさせる働きもあり、毛穴を詰まりやすくしてしまいます。

ストレスが原因でニキビはあごの周囲に出来やすいと考えられています。あごはヒゲの生えやすい場所である事など、男性ホルモンが影響しやすい所だからです。

食生活の乱れ

栄養の偏った食事はターンオーバーの乱れや皮脂分泌の増加、内臓機能の低下などを起こし、ニキビを誘発する要因になります。

脂分(脂質)は大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類があります。
特に動物性脂肪に含まれる飽和脂肪酸は性ホルモンに作用して男性ホルモン分泌を高め、皮脂分泌を活発にする働きがありますので摂り過ぎには気をつけましょう。

糖質・脂肪の分解や合成にはビタミンB2が必要で、皮膚のビタミンとも呼ばれています。
ビタミンBが不足すると皮脂の分解がされにくくなります。また炭水化物は消化すると糖分に分解されるので、適度な量に抑えることをおすすめします。

野菜の少ない肉中心の生活や、酒・タバコなどの刺激物、酸化した油脂を多く含むインスタント食品や加工品の過剰摂取には気をつけ、栄養バランスのよい食事を意識しましょう。

過度なダイエットによる脂肪・糖類(炭水化物)の制限も肌の乾燥や肌機能低下を招きます。
また夜食もエネルギーを消費しにくく過剰エネルギーとなり中性脂肪に変わることで、ニキビを増やす原因になります。

睡眠不足

睡眠中は新しい肌細胞を作る成長ホルモンの分泌が活性化します。
これは昼間に肌が受けた様々なダメージを回復する役割として、副交感神経が活発に働くためです。

女性ホルモンの代表的なものに肌を若々しく保つエストロゲン(卵胞ホルモン)がありますが、睡眠不足が続くと自律神経が乱れ、ホルモンの分泌は低下します。
また疲労物質が体内に残ってしまうことも起きます。

こうなるとホルモンバランスが崩れて肌のターンオーバーが乱れ、角質が厚くなってしまいます。
特に22時〜2時は分泌が高まりホルモンバランスが整えられる時間帯と考えられていますので、この時間帯にしっかり睡眠を取るようにしましょう。

便秘と胃腸障害

栄養素は腸管を通って体内に吸収されます。
腸内環境が良好なら、必要な栄養素はしっかり吸収されインドールやスカトールなどの不必要な毒素は排便によって排出されます。

しかし便秘になると腸がうまく機能せず毒素が排出されにくくなり、腸から血液中へ送り込まれ、皮膚からも排出されることで肌へのダメージを生じます。
便秘は想像以上に身体へ悪影響を与えます。

男性と比べ女性の方が便秘になりやすく、これは女性ホルモンの関係があると考えられています。
女性は毎月、排卵と月経を繰り返していますが、これをコントロールしているのは、主に黄体ホルモンと卵胞ホルモンという2つの女性ホルモンです。

このうちプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンは、大腸のぜんのう運動を抑制する働きがあります。
そのため、黄体ホルモンの分泌が活発になる「排卵から月経までの期間」は、体内への水分や塩分の吸収率が上がり便の水分も吸収され硬くなるので、便秘になりやすいのです。

また男性より女性は筋力が低いため胃や内臓が下垂している事が多い傾向にあり、このことも大腸のぜんのう運動が弱い原因と言われています。
また食事が少ないことも便秘になりやすくなる原因です。

生理不順・月経前症候群

女性の生理には「生理周期」というものがあり、月経期 ⇒ 卵胞期 ⇒ 排卵期 ⇒ 黄体期という4つの周期が閉経まで繰り返されます。
一般的にこの4つの周期は28日前後で繰り返され、それぞれの時期で体内のホルモン量が変動しますがどこかでバランスが崩れてしまうと月経不順となります。

また最近ではPMS(月経前症候群)という言葉が広まっていますが、これは生理前の1、2週間(黄体期)に反復して現れ、腰痛・胸のハリ・便秘・肩こり・眠気・イライラ・無気力・集中力と判断力低下など、精神と身体に影響を及ぼす症状があらわれます。

原因はまだ完全に解明されていませんが、「排卵後に分泌される黄体ホルモンによって身体に水分が溜まりやすくなる」「神経刺激を伝達するセロトニン、モルヒネ作用のあるβ-エンドルフィンの低下」などの要因が影響していると考えられています。

この時期は黄体ホルモンの影響で皮脂分泌量が増えてニキビができやすいのですが、PMSの辛い症状によりストレスが増え、さらにホルモンバランスが乱れるという悪循環になりやすく、ニキビの更なる悪化につながります。