ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングは酸を使い、機能低下した余分な角質層を剥がして、一度リセットする治療方法です。
角質のターンオーバーを改善することで、様々な肌のトラブルを解消します。

ケミカルピーリングの主な効果・特徴

  • 酸で余分な角質層を除去し、肌機能を正常化します。
  • 皮脂の詰まりや脂性肌を解消し、ニキビ・ニキビ跡を改善します。
  • 余分な角質除去により、他の治療との相乗効果が望めます。
  • 肌質が柔らかくなるため、治療法には肌トラブルになりにくくなります。
  • 治療後にはしばらく、肌がやや乾燥しやすくなる傾向があります。

ケミカルピーリングについて

肌はターンオーバーによって、毎日新しい細胞へと生まれ変わるものですが、様々な影響により古い細胞が残る場合や、新しい細胞が十分に作られない場合があります。

ニキビ・ニキビ跡、凸凹肌などの原因の多くは、ホコリによる汚れや紫外線、老化などの要因により、肌のターンオーバーの周期が乱れ、角質が蓄積されることにより起こります。

ケミカルピーリングは、その蓄積された古い角質を、グリコール酸またはサリチル酸マクロゴールによりやさしくピーリング(はく離)し、新しい細胞への生まれ変わりを後押しします。
治療を行なうことで肌のトラブルを解消し、肌機能の正常化を促します。

また、皮脂の詰まりを防いで毛穴を収縮させ、色素沈着の原因となるメラニンの排出を促します。

効果・メリット

グリコール酸やサリチル酸でのピーリングは毛穴へ速やかに成分が浸透し、皮脂を除去します。
皮膚にしっかり浸透するので肌質によっては一時的に赤みやかゆみが出る場合がありますが、治療後には肌のざらつきが減り、なめらかになります。

また殺菌作用があり、ニキビの元であるアクネ菌を死滅させ炎症を沈静化します。
ケミカルピーリングを行なうと、ニキビ肌の原因の1つである毛穴の詰まりが解消されます。

また詰まってしまった皮脂(角栓)や角質の塊を柔らかくし、溶かして排出するため、ニキビのできにくい皮膚に改善されます。
ケミカルピーリングを定期的に行うと皮膚の角化を柔らげ、コラーゲンの生成を促進する作用をが高まるので、ニキビ跡との段差が徐々に解消しニキビ跡のクレーターも徐々になめらかになっていきます。